« 北海道遠征1日目 | トップページ | 北海道遠征最終日 »

2006年7月31日 (月)

北海道遠征2日目

 結局カプセルでは全く眠れず、4時30分になったので再びお風呂に入って5時に出発。天気予報とは裏腹に快晴のさわやかな朝。期待を込めてタクシーで苗穂駅へ移動。Img00592

 

 

 ここで札幌着の夜行を撮影。雲がうまい具合に逆光を防いでくれて撮れました。

 はまなす、まりも、利尻の3本を撮って札幌駅のレンタカー屋に移動。途中、711が5本も来た。残念ながら撮影は出来なかったけど、結構走ってる事が判明。北陸の475急行色程騒がなくても良いみたい。

 マツダレンタカーなのに、マーチが割り当てられました。荷室が狭いのでちょっと不満。デミオで良いのに。レンタカーで借りるならデミオかフィットが便利です。

 ま、予定と違う車だったけどそのまま西の里信号所へ移動。札幌駅から20分程で到着。札幌の喧騒とは真逆で山林の中の撮影地。熊とか出そうなほど。

 ここで初めて先客がいました。北海道は総じて鉄を見かけることが少ない。初めてのところは鉄が入ると、撮影地を見つけやすいんだけど。

 北斗星3号まで撮って、昼食を求めて移動。北広島から岩見沢へ行く国道を北上。北海道らしい農場地帯をのんびり運転していると、おとんの家と言うボロい食堂を発見。他に飲食店がないので、ここに入りました。Img00594

 

 

 ここでこの旅2回目のラーメン。学食のラーメンって感じだったけど、ご飯・一口カツ・コーヒーまで付いて780円はお得かも。Img00593_1

 

 

 

 

 再び走り出して道央自動車道三笠IC付近に到着。凄い立派な運動施設がたくさんあった。稼働率は低そうだったけど。

 桂沢湖のそばから夕張街道に合流。北海道とはちょっとイメージは違うけど、原生林の中の山道を1時間30分程進むと富良野に出ました。

 ファーム富田の駐車場で少し並んだけど、ガイドにあるような渋滞は無くすんなり入りました。

 ラベンダーはまだ満開で、素晴らしく綺麗でした。観光客やカップルが多いのもうなずけます。男2人は我々だけだったかも。

 ラベンダーの丘Img00596 に立つと、盆地の真ん中にある駅のプラットフォームに客がいっぱいいあたので、何か来るなと構えていたらトロッコ列車が推進で来ました。オンラインアルバムの表紙にした画像がそうです。

 

 紫色のラベンダーソフトクリーム260円Img00595 を食べ、お土産を購入。色々お店があったり、ラベンダー畑自体も富良野に点在しているんで、次は違うところもいってみようかな。

 

 ちょっとのんびりしすぎてフラノラベンダー4号を撮り損ねたので、来た道を戻り再び岩見沢の手前で捕獲しました。北海道初のおっかけ。

 18時を過ぎて体力・気力とも限界に来たので、札幌に反転。岩見沢ICから道央道を利用したのですが、ETCが付いてないのにその時発覚。久しぶりに発券を受けました。

 札樽道に入り新川ICを降りて、健康ランドに。入館料1600円に300円程追加の夕食パックにしました。うにいくらほたての三色丼でしたが、300円の割にはしっかりしたものが出てきてかなりお得。

 ここで19時から21時30分まで仮眠。けど、やはり眠れずに出発。札幌駅でバルブをし、24時になったので長万部に向けて出発。

 小樽回り・真ん中の山道・室蘭回りと3つのルートがあったのですが、最短距離の山道を選択しました。

 《最終日へ続く》

« 北海道遠征1日目 | トップページ | 北海道遠征最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道遠征1日目 | トップページ | 北海道遠征最終日 »