« 北海道遠征2日目 | トップページ | 原油高 »

2006年8月 1日 (火)

北海道遠征最終日

 札幌郊外を抜けると定山渓温泉街に到着。北海道らしくない温泉街。そこからはずっと山道。

 北海道に行くと、道路の境界を示す矢印が山中ずっと続くのですが、これは夜になると部分が光る事が判明。ちょっと綺麗です。

 急に遊園地や馬鹿でかいリゾートホテルが現れました。留寿都リゾートのようです。一泊3200円のカプセルに比べたらきっと天国のようなところなんだろうなあ。

 中山峠を越え、助手席で寝てると急にブレーキがかかった。どうしたのかと尋ねると、道路の真ん中にかわいいキタキツネが!すぐに道路脇の草むらに消えていきましたが初めて見れて良かったです。

 長万部駅に2時30分頃に到着すると、駅舎の中ではバイクや自転車で旅をしている人達が思い思いの格好で寝てました。駅寝というやつですな。カプセルよりもまだ底辺の奴らがいた!

 長万部駅にはまなすが停車するんだけど、眠いので結局5時まで車で仮眠。この旅で唯一の睡眠でした。

 

  5時になって静狩~旭浜の直線に向かいました。旭浜駅は取り壊されていたのには驚き。確かに時刻表にも旭浜駅は記載が無い。

 予定通り待っていても、カシが来ない。うーん、そうこうしているうちに1号が来たのでもう一度ダイヤを調べると、運転日を見誤っていたのを発覚!これは痛いミス。

 次の81号はDF200の貨物に被られるというハプニング。仕方が無いので諦めて、大岸~豊浦のS字に移動。約20分で到着。

 このS字はなかなか場所が特定できずにいたけど、築堤の線路際を歩くのを躊躇するも背に腹は変えられないので、思い切って線路に進入しました。登り口から50mくらいのところに少しスペースがあったのでわかりました。線路脇での撮影なので、かなり危険な場所だった。冬は無理っぽい。

 ここで1時間程潜むも、13両の長編成の北斗星ではケツが切れてしまった。もう少し引き寄せた方が良かった。良いS字だけに残念。

 予定の列車はすべて行ったので、豊浦の道の駅で牛乳とパンで朝飯前のご飯。パンは美味しかった。

 少し走ると洞爺駅があったので、そこで朝食で駅弁を購入。カニ飯を買いましたが、福井駅のカニ飯に比べるとボリュームも味もイマイチ。Img00597

 

 

  Img00598噴火湾沿いに登別 、ポックリコタン?、室蘭、苫小牧と経由して千歳に到着。Img00599登別あたりから、空は快晴になってきて有珠山 が綺麗に見えてました。

 

 

  結局、うまいご飯屋を見つけられなかったので、レンタカー屋の隣のアウトレットモールの回転寿司に入りました。味は普通。

 新千歳でお土産を買い、20分遅れでテイクオフ。ベルトを締めて地面から離れたらもう寝てました。着陸態勢でベルトサインのポーンッ!と言う音で目が覚めました。新千歳~関空間は寝てたので5分くらいで着いた感じ。

 関空に着いて奈良行きのリムジンバスに飛び乗って、近鉄奈良から帰ってきました。

 

 

     《総括》

  今回は非常に密度の濃い遠征が出来ました。が、ちょっと無理をしすぎた。2泊布団で寝れないと言うのがきつい。最低で1泊は必要だった。それに移動距離が長すぎたかも。

 次回は最低1泊はベットで寝て、貨物の時刻を調べておき、移動距離を一日200Km以内くらいに。

 

 

« 北海道遠征2日目 | トップページ | 原油高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道遠征2日目 | トップページ | 原油高 »