« 福知山温泉 | トップページ | 世界バスケットボール選手権 »

2006年8月28日 (月)

白山

 昔、上野~金沢を結ぶ特急白山のリバイバル運転があったので北陸方面へ出動。

 敦賀ICで山陰からの知り合いの知り合いと合流して、倶利伽羅に到着。朝の3本を倶利伽羅で逆光で撮って、長野行きの白山に備えて少し登山。

 冒頭の列車は時間通りに来てバッチリ。金沢に帰って来るのを狙うため、東富山~水橋に移動。Img0046

 

 しかし、ここでは7時間も待たなければいけないくて、駐車スペースも限られてるので離れられなかった。炎天下の中待つのはかなり辛い。

 列車通過時には4,50人はいたかな。結構な激パ。

 そこで友人達とお別れし、東富山から直江津行きの列車に。残念ながら475系。

 段々客は減っていって、最後の方はロングシートで寝てました。しかし、車窓は素晴らしく、日本海に沈む夕陽Img0048を眺めながらの列車旅は最高でした。途中、トンネルの中にある駅もあったし。

 

 糸井川駅では隣のホームImg0047キハ52の大糸色もいました。ツートンはレンガ車庫の前に留置。

 

 やっとのことで直江津に。ここで長岡駅の列車に乗り換え。

 そこから1時間40分程のガラガラの列車に乗ってようやく宿泊地長岡に到着。

 20時をちょっと回っただけなのに、飲食店はほとんど閉まってたので、ホテルの前のラーメン屋に入りました。

 あまり美味くはなかったので、詳細は割愛。

 疲れのために、2130くらいのは就寝。《続く》

« 福知山温泉 | トップページ | 世界バスケットボール選手権 »