« ドラゴンボール | トップページ | 凱旋門賞 »

2006年10月 1日 (日)

バスケット教室

 今朝は新大阪駅で貨物を待ってました。いつも山崎で撮るので、吹田以西のダイヤは良く分からなかったけど、結構来ました。

 で、今日のメインは丹波ひかり小学校でのバスケットボール教室。元全日本の監督だった人が京都府下のミニバスの小学生を集めていろいろ教えてくれると言うもので、私自身は初めての参加。

 6年の男の子2人と女の子3人を連れて行きました。しかし、午前中の基礎編は余りにも退屈だったので、ちょっと抜け出して胡麻駅までサロンカーなにわを撮りに。

 いつものポイントに行くと5,6人先客がいました。が、凄い雨脚になってきたので撤収。マーカスのマックでブランチを取りに入ったら保護者の方もいました。暇なんだとか。

 体育館に戻ったら昼食タイム。そして昼から2,3人で組を作っての練習。子供達と一緒に練習をし始めたけど、結構コレが難しい。子供等とあ~だこ~だ言いながら練習を進めていきました。

 しかし、せっかく来てくださったけどそんなに新しい発見はなかったかな。いつも私が子供等に言う事とほとんど同じ事、同じような練習だったんで。

 1つ1つの練習は理にかなったモノだったと思います。ただ、大人にはそれで良いのですが小学生にさせる練習ではそれだけだと足りない。やっぱ、子供はすぐに飽きる。だからちょっと遊びの部分を入れていつのまにやら練習になってたみたいな事が必要。

 1日で余りに多くの事を指導したので恐らく子供にはほとんど伝わってないだろうけど、せっかくなんでフェイントのモーションを大きくすると言うことは取り入れようかなと思います。

 そしてその先生が最後に言ってました、「このなかから五輪選手が出ればいいね。」と。

 私にはミニバスの指導で目標としてる事が2つあります。1つはNBA選手を出す事、もうひとつはバスケの楽しさを多くの人に知って貰ってプレーしてもらう事。後者の方は順調だと思う。

 雨降りで少し寒かったけど、6年生達と楽しく過ごした一日でした。

« ドラゴンボール | トップページ | 凱旋門賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴンボール | トップページ | 凱旋門賞 »