« 信楽陶器まつり | トップページ | 湖国 »

2006年10月 7日 (土)

さすがアメリカ

 記事をそのまま抜粋。

< 現地時間6日未明、インディアナ・ペイサーズのスティーブン・ジャクソンら4選手が、地元ストリップクラブで暴力事件に巻き込まれた。

 警察によると、事件に巻き込まれたのはジャクソンとジャマール・ティンズリー、マーキス・ダニエルズ、ジミー・ハンターの4選手。3人組の男と口論となり、容疑者のひとりがジャクソンの顔面を殴り、さらに車でジャクソンをはねたとのこと。車が向かって来る際に身の危険を感じたジャクソンは、所持していた拳銃を5度発砲したという。

 

 うーん、さすがアメリカ。まるで映画のよう。こんな事件を起こすのがNBAのスター選手だって言うのがバスケを愛する者としては悲しい。

 とは言う私も今日のミニバスの練習では大失態をしてしまった。練習をサボって遊んでいた6年生にボールをぶつけたら、運悪く顔に当たり泣かしてしまった。普段絶対に泣いたりするような子じゃなかったので、かなりマイッた。

 暫くしてすぐに練習に戻ってくれたけど、恐る恐る「怒ってる?」と聞くと、「当たり前やろ」と返ってきた。「でも、アイスを奢ってくれたら許してあげる」って言ってくれたので、許してくれたみたい。

 ホント、反省してます。

« 信楽陶器まつり | トップページ | 湖国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信楽陶器まつり | トップページ | 湖国 »