« ブロック | トップページ | アストル »

2006年10月12日 (木)

片岡選手、ありがとう

 9回表の2死の状態で恒例のあと1人コール。TVで見ていてが出てきました。今夜は阪神タイガースの片岡篤志選手の甲子園引退試合。

 直後に藤川が最後のバッターを打ち取りゲームセットと同時に苦労人片岡の現役生活にピリオドが打たれました。

 片岡選手は挨拶のあと、阪神の選手と握手をしていました。若手の多くの選手が涙を流していたと言う事は、いかに兄貴分として若手の尊敬を集めていたか象徴的なシーンです。

 そしてグラウンドを一周してファンに挨拶。3塁の中日の選手と挨拶したあと、もう一度阪神とそしてナント中日の選手も出てきて、両チームで片岡選手を胴上げ。もう涙が止まらない状況です。

 片岡選手を簡単に紹介すると、隣町久御山町出身で名門PL高校からドラフト2位で日本ハム入り。10年間ファイターズでゴールデングラブ3回、ベストナイン2回を掲げて2002年にFAで阪神入り。同期に中日の立浪がいます。

 しかし、阪神移籍後は故障等で思うような成績が残せませんでしたが、決してその責任を誰のせいにもせず、不遇の境遇でも他人を批判もせず黙々と一生懸命野球に集中する姿勢にファンは男気を感じていました。野球選手とはどういうあるべきか、全ての野球人に教えてくれた気がします。

 去年から出番が激減して、たまに出てきてもなかなか結果を出せなかったので、そろそろ引退かなと思ってはいました。

 片岡加入後、阪神は5年でリーグ優勝2回。片岡選手の加入後は確実に阪神の野球が面白くなった片岡の獲得は正解だったと片岡選手に伝えたい。そしてお疲れ様。感動をありがとう。

 指導者としてグラウンドに戻ってくる日を我々は待ってます!

« ブロック | トップページ | アストル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロック | トップページ | アストル »