« 19年春のダイヤ改正 | トップページ | チュートリアル »

2006年12月24日 (日)

選手権大会

 今年もこの土日を利用してミニバスの選手権大会が行われました。結果は男女共に初戦敗退。

 基本的に強いチームと言うのは、そんなにたいした事はしません。きっちりと基本的・単純なプレーをします。ま、それがなかなか難しい。

 今年は良い選手は揃ったのですが、練習できっちり基礎を固めれなかったのが敗因かも。

 重点的に取り組んだディフェンスとリバウンドは及第点でした。ドリブル力もそこそこ。課題はピボットにパス、そして短いシュートの精度を上げる事。

 この3つの課題は実際取り組んだ時間があまりにも少なかった。まず、ドリブル。そして無理なら確実に次の選手にパスを回すと言う事を教えないといけないな。

 

 総じて2日間、応援の保護者の方達が例年よりも少なかったような気がします。うちは男女共にたくさん応援に来ていただいたけど。

 そして、どこのチームもあまり大きな選手がいない。メンバーもギリギリだとか、私が審判したチームはA登録なのに10人いなくて反則負けと言ったように各チームの選手も少なめ。

 よって、試合会場も例年なら観客席からの応援がいっぱいで、会場は騒々しいのに今年は凄く静か。観客席も例年なら2段目以降にもいっぱい人がいたのに、2段目席どころか、1段目席も観客がまばら。

 

 今年はバスケの世界選手権が日本で行われたりと、もっとバスケが盛り上がってくるかと思ったのに全然そうでなかった。ちょっとだけ寂しい気がしました。

 試合は負けてしまいましたが、知らないチームの監督さんに「オタクの選手達は非常に高い身体能力を持ってますね、これからの成長が楽しみですな。」

 

 と声をかけられたのは嬉しかった出来事です。

« 19年春のダイヤ改正 | トップページ | チュートリアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 19年春のダイヤ改正 | トップページ | チュートリアル »