« 山崎 | トップページ | 山崎 »

2007年2月25日 (日)

Denver

 今日は待ちに待ったデンバー・ナゲッツの試合がJ-spots plusでありました。相手は10連勝中のダラス。

 

 デンバーのスタメンはAI、カーメロ、ネネ、キャンビー、ディアワラ。

 

 このディアワラはルーキーでドラフト外での入団。もう一人ルーキーのクレイザがいます。この2人は結構プレイングタイムを貰ってるけど、どこがいいんだ?ジョージ・カールのお気に入りなのかな。はっきり言ってまだプロレベルではありません。

 

 そして今日は勝負どころでAIとカーメロのターンノーバーが目立った。チーム全体のオフェンスもちぐはぐしてたし。

 

 そして何よりディフェンスが悪すぎ。バックコート陣のボックスアウトをしてないので、オフェンスリバウンドを取られすぎ。そしてゾーンのディフェンスのローテーションが悪いんで、オープンが出来てしまう。

 

 確かにダラスは勝率.850のリーグ最高チームだけはあって攻守ともに隙が無い。強いて言えばインサイドが若干弱いかな程度。

 

 デンバーは主力のKマートとJRスミスがいないとは言え、ベンチの層が薄い。ネネとキャンビーのバックアップがいないんだから。それと3Pの確率の悪さがインサイドのプレーを苦しめている。

 

 AIとカーメロにダブルチームに行くんだから、それ以外の選手はオープンで打てるのにことごとく外していた。このあたりが、ダラスやフェニックス、サンアトニオとは違うところ。

 

 エースがダブルチームを受けても、周りの選手がきっちりシュートを決めると言う体制が整っていない。

 

 私はAIとジョー・スミス、アンドレ・ミラーのトレードは失敗だったとみます。AIが30得点しても、ナッシュの10アシストには及ばない。

 

 とりあえず、来週からマーチマッドネスなんでNBAから少し目が離れます。その間にナゲッツが立て直してくれればいいけど。

 

 今シーズンはもう駄目だけど、AIとジェイソン・キッドのトレードもありかなと。AIのスタイルは試合巧者の多いウェスタンでは駄目だ。

 

 KマートとJRスミスの復帰があってもまずはディフェンスの建て直しを図るべき。タレントはそこそこ。あとはチーム力のアップだ。

  長年、SAスパーズやユタ・ジャズのファンを続けてきたけど、こんな酷い状態は見たことが無い。デンバーの試合はまるでイーストの試合みたいだ。

« 山崎 | トップページ | 山崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山崎 | トップページ | 山崎 »