« 8864レ | トップページ | 花形フード »

2007年6月13日 (水)

NBA final

 さて、今年のNBAファイナルは4回目の優勝を狙う強豪サンアトニオ・スパーズと、初のファイナルに進んだクリーブランド・キャバリアーズの対戦ですが、2戦続けてスパーズが圧勝。

 

 経験、チームディフェンス、そしてインサイドでスパーズが圧倒しています。ティム・ダンカン相手にイルガウスカスやグッデンではちょっと可愛そうだ。

 

 今年のファイナルは試合が一方的なのと、スパーズのファイナルなんでイマイチ盛り上がらない。過去3度の優勝でも似た感じ。

 

 まあ、まずサンアトニオがどこにあるのかをみんな知らないんじゃないかな?テキサス州で、同じ州内にはヒューストンやダラスがあります。

 

 それとディフェンスが主体なんで試合が地味。ユニフォームも黒色。エースのダンカンもアイスマンと言うニックネームがあったほど、寡黙。凄いプレイをするけど。

 

 でも、バスケを知ってる人なら素晴らしいチームだと理解しています。ただ、絵的にはサンズやマブスと言った派手なチーム、NYやLAと言った大都市のチームの方がメディアは好むようです。

 

 水曜にある第3戦をスパーズが取れば、もうシリーズは終わりでしょう。このまま行くと、ロバート・オリーに7つ目のチャンピオンリングが・・・。しかし、ホント運のいい奴だ。3P成功率は決して高いとはいえないけど、大事な所ではキチンと決めt来る。阪神の赤星や桧山と正反対。

 

 レブロンもさすがに1人じゃ勝てない。マイケル・ジョーダンにはピペンやグラントがいたように、レブロンにもインサイドで強力な相棒が必要だ。ウェイドに対するシャックや、カーメロに対するネネ&キャンビーのように。

 

 今はナゲッツファンだけど、以前はスパーズファンでもあったんで、このまま勝ってもらってもいいです。

« 8864レ | トップページ | 花形フード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8864レ | トップページ | 花形フード »