« 原因究明 | トップページ | 決戦は日曜日 »

2007年6月29日 (金)

2007ドラフト

 私が勉強している間にNBAのドラフトがありました。

 

 いの一番はやはりオハイオ州立大学のグレッグ・オデン。ドラフトロッタリーで1位を引き当てたポートランドに。

 

 そのポートランドはザック・ランドルフを放出し、スティーブ・フランシスを獲得。これで来シーズンは楽しみになった。

 

 あと注目はシカゴにドラフトされたジュアキム・ノア。去年なら1位だったのに大学に残ったので運悪く今年は9位に。でも、インサイドを強化したいシカゴ・ブルズで、NCAAオールスターズとも言うべきチームを考えると、意外とイケるかも。

 

 さらに去年の世界選手権で活躍してた、イージャンリャン? 中国人です。6`11とサイズもあるし、NBAでもやっていけそう。ヤオ・ミンよりはずっと男前です。

 

 あとドラフト外では、レイ・アレンとボストンが獲得したドラフト5位のジェフ・グリーンとがトレード。

 

 ジェイソン・リチャードソンとボブキャッツが獲得したブランダン・ライトとがトレード。

 

 ドラフト当日だと言うのに、かなり激しい動きがあった。

 

 

 デンバーのドラフト1順目は多分AIとのトレードの履行の一部でフィラデルフィアが行使してありません。サンアトニオはまた外人でブラジル人を獲得。サンアトニオはもうアメリカ人いなくなるんじゃないかな?

 

 ともかく外人を獲得されると、わかんない。NCAAでプレーした選手でないと。

 

 2007年はドラフトの当たり年でしょう。2003年以来は間違いない。酷い時は数年後ほとんどNBAに残らない年もあります。

« 原因究明 | トップページ | 決戦は日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原因究明 | トップページ | 決戦は日曜日 »