« バスケ | トップページ | 撃沈 »

2007年7月 5日 (木)

デジタル一眼

 D100   2002年発売(2002年購入)

  D2H    2003年発売(2005年購入)

 D80   2006年発売(2007年購入)

 

 と、2年毎にデジタル一眼を買っていますが、正直なところ一長一短。購入がNBAのサンアトニオ・スパーズが優勝した年と被るのは偶然か!

 

 最新機種D80の不満は、ホントに1000万画素?てな感じの画質。立体感・透明感が無く、コンデジみたい。それと、彩度が強く出すぎて、緑が蛍光色みたいになる。D100と真逆。

 

 あと、NC4.4で現像が出来ない。わざわざexifデータをD80からD200に書き換えて現像しています。

 

 良い所は、D100よりファインダーが見やすくなった。シャッタータイムラグがかなり改善されている。軽くてコンパクト。

 

 良くも悪くもこの3機種で全く違った絵が出てしまう。キャノンはピクチャースタイルでKissDXから1DⅢまで画像を統一出来るのに。

 

 私の場合、主に俯瞰・バルブはD100、日中の走行写真はD2Hを使用しています。今回D80はキャノンに圧倒的に負けている高感度撮影を補うために買いました。5Dや1DⅢはISO3200まで使えるらしいけど、D80はどうかな。

« バスケ | トップページ | 撃沈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バスケ | トップページ | 撃沈 »