« 銀河 | トップページ | ドーム観戦 »

2007年8月23日 (木)

D3&D300

 すばらしいカメラがニコンから出ます。

 ニコンからようやくフルサイズのデジタル一眼レフカメラのD3が登場。

 さらにAPS-Cサイズのフラッグシップ機のD300も同時に発表。

 このD300は驚きだ。ファインダー倍率が100%。ボディ単体で6コマ/秒、別売りのバッテリパックにEN-EL4を使うと8コマ/秒になる。

 ライバルの40Dを凌ぎ、完全にD200よりも上位クラスになった。プロ機ではキャノンが優位だったけど、これで逆転だ。

 D3はFXフォーマット(フルサイズ)で1200万画素。DXフォーマット(クロップ)で500万画素と少し抑え目だ。

 D3が欲しいけど、鉄道で使うならDXフォーマットで1200万画素のD300の方がいいかも。

 NASAもD2Xsを78台も同時購入したそうだし、ニコンの復活だ!

 

« 銀河 | トップページ | ドーム観戦 »

コメント

ども! きましたねぇ
もうキャノンに勝てないのかなぁと落ち込んでおりましたが、大丈夫そうですね。
わたしもいよいよ、デジ一デビューかなぁ。

投稿: GADO-GADO | 2007年8月23日 (木) 午後 10時50分

 正直、D3とD300は迷うんですよねえ。
 
 どっちも良いんで。

投稿: ドライモン | 2007年8月24日 (金) 午後 11時30分

ご無沙汰しております。D300と40Dの価格差は8万円で、クラスが違うように見えます。D300の性能はD2XSをしのいで、DXフォーマットのフラッグシップですね。それで23万円は安く見えます。私はEOS30Dを所有してますが、やられたと思いました(笑)世の中こんなもんですね。

投稿: さすらいのライダー | 2007年8月25日 (土) 午後 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀河 | トップページ | ドーム観戦 »