« E-3 | トップページ | 嫌われ者? »

2007年10月25日 (木)

車が売れない

 国内の自動車の販売台数が右肩下がりなのは知っていました。特に若者の車離れが著しいんだとか。

 

昨日の23時のニュースで言ってました。

 

そんなのは当たり前だと思う。まず、思い当たる問題点を挙げてみます。>対策

 

非正規社員の増加で若者世代には金が無い。

>政府の雇用対策強化。労働の法制度充実

 車両価格が高くなってる。

>ABS、ナビ、エアバックなんていらん!

 シルビア(コンパクトFRターボ車)が無い。

>作れ

 メーカーが違うだけで同じ様な車ばっか。

>Fit、ラクティス、ノート。みんな同じだ。

 ガソリン価格も10年前の1.5倍に。

>税金部分を安くして調整

 飲酒運転の罰則強化。(コレには賛同)

>代行をタクシー並みの料金に

 高速代も高い。

>早朝夜間、通勤割引を一律100km以内で統一

 道は渋滞する。

>第二名神と京都縦貫の早期開通

 ポリがネズミ捕りを止めない。オービスは認めるけど。

>ネズミ捕りを法律で禁止する。

 都心部の駐車場が少ない。

>パークアンドライドを実施

 走り屋が走るところがどんどん閉鎖される。

>これは仕方がないか。

 

 こんな状況で車を買おう、車に情熱を傾けようとうする若者がいなくなるのは当然だ。

« E-3 | トップページ | 嫌われ者? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E-3 | トップページ | 嫌われ者? »