« 岡山遠征 | トップページ | »

2008年1月17日 (木)

解析

 22勝15敗の我がデンバー・ナゲッツ。

 まあ、良くもなく悪くもなくといったところ。イマイチ波に乗れない状況を是非打破して欲しい。

 

 今シーズンのナゲッツをデータ解析してみました。全30チームあります。

得点 4位   失点 25位   FG率 11位  

3P率 24位  FT率 17位   APG 4位

リバウンド 2位 ブロック 1位 スティール 1位

TO 25位 

 てな感じ。

 たくさん点を取るので失点も多めは仕方がない。キャンビーのおかげでリバウンドとブロックはすばらしい。スティールもAIのおかげ。

 たくさん点を取る割には3P率が低いのが不思議。JR,クレイザと3Pシューターはいるのでまあ後は経験かな。

 

 ただ、ターンノーバー(TO)がリーグワースト5位と言うのだけは改善しないと。

 マブス、スパーズ、ピストンズ等、安定した強さを発揮するチームはどこもTOは少ないから。

 怪我人が戻ってきたら、後半戦はPFに向けてエンジン全開だ!

« 岡山遠征 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡山遠征 | トップページ | »