« 西の争い | トップページ | ゆとり遠征 »

2008年2月 7日 (木)

ディーゼル機関車

 ディーゼル機関車、と言ってもDF200やDD51の事ではありません。

 NBAのスタープレイヤー、シャキール・オニールとショーン・マリオンとのトレードが成立。

 シャックはオランド、LA、マイアミ、そしてフェニックスと4チーム目。意外とジャーニーマン。

 全盛期の頃のシャックはまさに無敵だった。付いた渾名がディーゼル機関車。

 ただ、ここんとこのシャックは怪我やらで以前程のキレがない。体調が万全ならまだまだその存在感はデカい。いや、ナッシュの力でシャックも蘇るかも。

 

 しかし、何でフェニックスはマリオンをトレードしたかったんだろう。毎年トレード要員の名前に上がる。

 

 アマレがいない時でもレギュラーシーズンをトップに近い成績でいられるのもマリオンの活躍があってこそだと思うんだけど。

 

 まあ、マリオンもこれだけチームにコケにされるならフェニックスを出た方が良かったはず。

 

 変なシュートフォームだけど、FTも上手いし、リバウンドも強く、走れるし、これと言った欠点はないように思えるのだけど。

 

 レイカースはガソル、フェニックスはシャックと、西側の強豪チームは益々手ごわくなってきた。我がデンバーは大丈夫だろうか。

« 西の争い | トップページ | ゆとり遠征 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西の争い | トップページ | ゆとり遠征 »