« 絶景ランチ | トップページ | 4回目の正直 3-1 »

2010年1月15日 (金)

雷ガード

 消費者庁は、株式会社ノアが輸入・販売を手がけた雷保護装置「雷ガード」が発火し火災が発生した事故を公表しました。

 電子部品(バリスタ)が絶縁劣化して発熱した際に、構造的に異常温度上昇を防止する機能が正常に働かず、発煙・発火に至るらしい。

 このため、対象機種2製品「NE-222」、「NE-888」の無償交換とあります。

 これを使ってる方、多いのではないでしょうか? 落雷で電気が逆流するのを防ぎ、電化製品を守る装置というか、部品です。私も使ってます。ただ、同製品かは、わかりませんが。

 複雑な装置じゃあるまいし、ちゃんと検査して売れよなあ。雷防止装置が、発火してどないすんねん。thunder

 

« 絶景ランチ | トップページ | 4回目の正直 3-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶景ランチ | トップページ | 4回目の正直 3-1 »