« 北陸惜別乗車 3-2 | トップページ | 生き残り »

2010年1月24日 (日)

北陸惜別乗車 3-3

Dscn_0006 Dscn_0007

 上野まで乗車するつもりでしたが、次の撮影には大宮のが便利なので、大宮で下車。

 ここで、しおっち様からメールが。どうやら、ポックル様とやや様で、大糸線に向かわれてるようで。

 とまあ、こんな具合で最初で最後の北陸に乗ってみました。

 いつもは、寝台列車ではグッスリ眠るのですが、今回はスハネフ14の

5号車で、うるさくて途中何度も目が覚めました。寝台列車は、集中電源

方式の方がいいです。

 それでも、寝台列車の快適さは、他の交通機関の追随を許しません。

無くなるのは、余りにも惜し過ぎる。

 新幹線並みの料金ならば、需要は絶対あるはずです。車輌も新しくし

て欲しいな。

 

« 北陸惜別乗車 3-2 | トップページ | 生き残り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸惜別乗車 3-2 | トップページ | 生き残り »